これからの葬儀の千葉でのスタイル③葬儀を行わないという選択

by ,

家族葬やユニークな葬儀の形式などが千葉でも増えてきましたが、もうひとつ増えつつあるのが「葬儀を行わない」という選択です。

現代はさまざまな事情を抱えた人がいます。

葬儀はもちろん宗教的な儀式の側面もありますが、一切縛られたくないという意志を持つ人もいます。

また、葬儀にかかる費用はいくら家族葬といえども、100万近くはかかってしまうというもの。

経済状況でとてもそんな予算はない、というご家族も中にはいらっしゃいます。

他にも事情で葬儀ができないというご家庭にぴったりの形式が「直葬」です。

◇直葬とは

直葬とは「火葬式」とも呼ばれています。

その名の通り、お通夜や告別式を一切行わず、火葬だけを行う葬儀の形式です。

僧侶が火葬場でお経を読み、ごく少ない遺族のみでお別れをしてご遺体を火葬するだけのシンプルな葬儀です。

直葬の大きなメリットは、葬儀費用の安さでしょう。

家族葬であっても約90万程度が相場ですが、直葬は約20~45万ほどが相場になり、10万円程度でできるところもあります。

また、ご遺族の中には故人を亡くした悲しみや亡くなり方によって参列者への対応が難しいケースもあります。

直葬はさまざまな事情に寄り添った葬儀といえます。

デメリットとしては、地方自治体から支給される「葬祭費」が支給されない可能性があります。

故人が国民健康保険に加入していた場合、申請すれば葬祭費が支給されるのですが自治体によっては直葬を葬儀とみなさないところもあるようです。